ストレス対策

ストレス対策

独自の設問形式により、受検者像把握しやすい設計がなされています。

是非、社内のストレス検査でご活用下さい。

飾って回答できない問題設計

 

社員へのフィードバック方法(個人結果報告書)

スコアとしてストレス耐性(共生力)を伝えるのは好ましくありません
スコアが低い場合に「私は弱いから」と思いこませる可能性があるからです。

suto3

<ご参考:ストレス共生力の算出方法について >
検査開発段階で複数企業に協力を依頼し、採用時点で入社者600名に本検査を受検してもらい、 4年間をかけてストレス起因による退職者・離職者・要フォロー対象者を約60名を特定。ストレス不調に相関性の高い項目を抽出して5段階評価&偏差値表示している。

事例1. 社員へどのようにストレス耐性を伝えるのか?

人事側では受検データを元に部門別のストレス傾向要フォロー対象者把握
一方で 社員は『個人結果報告書(自己理解版)』を元に自身振り返るフォローアップ研修を受講。

 

事例2. 社員へのストレス耐性の具体的な伝え方

自己理解研修ではストレスへの強さを点数で伝えず、特にストレスへの強さ特に相関する項目と、そのスコアを高める方法を研修講師が口頭で説明します。

 

事例3. メンタル不調者の具体的な検査結果の傾向

メンタル不調者がグローイング(行動価値検査)でどのような結果になるのか典型的な事例をご紹介します。

 

お申込の流れ